忍者ブログ
腐女子活動と何気な〜い日常の断片をお気楽につづります
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/29 (Sat)
文末に、鳥の病院情報があります。
鳥を飼ってらっしゃる方用です。



長く一緒にいた文鳥が天国に召されたので、
ちょっと喪に服しているような生活を送っています。


元気な頃。
スミレよりも熱心に卵を温めていたけど、
一個として孵らなかったですねえ。
人に噛みついてくることなく、
メスのように大人しい文鳥でした。
さえずりの声がとっても綺麗だったのに、
録音しておかなくて残念です。




♂文鳥ヒナ13歳。文鳥としては長生きした方でしょう。

この画像の後ろにいる桜文鳥はまだ元気。

ヒナより5歳ほど若いので。



ヒナを火葬にしようと、ペットセレモニー関係を探したら
あるわ、あるわ…ものすごい数があった。

そんなに念入りに探してないけど、
サービスがよさそうだったので、
こちらを選びました。

ペットセレモニー まこと

なんと、出張してペットの亡骸を持って行ってくれ、
火葬して、返骨までしてくれるのだ。

しかも24時間受付してくれ、来てくれる時間も
こちらの指定に合わせてもらえる。

大切なペットの最後だから、
こういう対応をしてくれるところがあって良かった!



ヒナは、もう年が年だから覚悟していたので、
割と私は大丈夫みたい。
ここ数ヶ月、ヒナのバードクリニック通いと看護をして
やるだけのことはしたからかも









お別れの時、お花も添えて…




そして、ペットセレモニーに預けた翌日、
ヒナちゃんはお骨になって帰って来ました。
本当に小ちゃい骨壺。



ヒナちゃん…こんなに小さくなって…と
(元から小さいって)
新たな涙が出るところなんだろうけど、
あんまり立派な入れ物に入れられていたので
そっちに驚いてしまった

個別埋葬してくれて、
お骨もしっかり残っていました。

ペットセレモニーの料金は
小鳥だと14000円でした。

私は安い!と思いましたね。




文鳥友達も来てくれました。
お花もいただいたのに、あ!撮影してなかったわ!(^_^;)









今日は11月16日。
ヒナがいなくなって20日以上経ちました。


残された雌文鳥のスミレは、朝起こすと
ヒナを探して部屋中を飛び回っていたけど、
一週間ほどして少しは落ち着いたようです。


そして、私が居る間は私にベッタリ。
早く一人に慣れてくれ…


スミレはこのまま一羽飼いします。

寂しいだろうけど、なにぶんメスなので、
新しい文鳥が来て発情して卵を産んだり
したら体が弱ってしまうので。

メス文鳥はだいたい4、5年くらいすると
卵を産まなくなるけど、
10年経っても産むケースもあるとかで、
注意しなくてはならないのです。













◆東京、鳥の病院について


鳥の病院に行く時。
1. 飼い始めたら即!
2. いつもと鳥の調子が違うと思ったら即!





東京の鳥の病院、バードクリニックは
二つ行きましたが、両方とも
とても信頼がおけるクリニックです。


引っ越す前は、
多摩バードクリニック に通っていました。

インコ専門とありますが、他の鳥類もまったく問題なく
診てくれます。

中央線の日野駅から徒歩15分超あるけど、
散歩気分で歩きました。

私が通っていた時、先生が産休されていて、
他の女医さん(優しい先生でした)が診てくださいましたが、
的確な診察でした。
痙攣を起こし、かなり重篤だった老文鳥
(名前はピーター)を助けて下さったのです。


糞やそのう検査、薬代入れても
2000円〜4000円くらい(一ヶ月分)で、
とても良心的な料金だと思います。








こちら(23区)に引っ越してからは
中野バードクリニックにお世話になっています。

西武線の都立家政から徒歩2分くらい。

中野も女医さんですが、こちらはやや厳しい先生で(笑)、
毎回いろいろな指摘と注意を受けます。

いろいろな野菜や果物を与えるように!
なるべく飛ばせるように!

栄養をとって運動させる。健康を保つためには
人間も鳥も変わりないですものね。

料金はこちらも良心的で、
糞検査、薬代入れて4000円くらいです(一ヶ月分)。

そのうはこちらから申し出ないと
診てくれないようです。
(そのうが悪いと判断してないからかも)





何にせよ、鳥専門の病院は安心です。
動物病院だと、躊躇せず小鳥に注射する
ところもあるらしくて…。


文鳥の寿命ですが、一般では
6〜7年と言われていますが、
ちゃんと飼えば10年以上は生きます。
18年生きていた文鳥さんもいるらしい。
うちもほとんどが10年以上元気に生きていました





PR
2009/10/27 (Tue)
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]