忍者ブログ
腐女子活動と何気な〜い日常の断片をお気楽につづります
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/19 (Thu)
男大奥に出てくる人たち、
みんなフンドシって設定なんだけど…

うーん、雪之丞もこうやって
フンドシ締めてるのか…

ふ、ふくざつ…


注意!
お好きな人だけどうぞ


でもたくましい人が締めると
カッコイイっすね、やっぱり




女性用もあるらしい


PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

あんず様〜どうもありがとう〜
様式美があるなんて、この上なく嬉しい
言葉でごじゃります〜

六尺ふんどし…
私は学○院の赤フンをイメージしてたんですが、
もっと漢の世界でしたね
あんず様の言われるとおり、ビシッとしめた
フンドシ姿は美しいと思います。
カッコイイ…
でも雪之丞には……
悩みます(笑)

これからも「和」の心と艶のある男を
目指して精進します〜
長い目で見守ってください

藤九郎さん / 2009/05/16(Sat) / 編集

和の様式美

藤九郎様、こんばんは!
六尺も、端正にきまると様式美ですね~!
『男大奥』は、あらゆることが様式美の極みに感じます。
扇を手にされる上様のたたずまいもしかりですね。将軍様が手にされる扇は、かなりのしつらえの逸品でありましょう。
あんずさん / 2009/05/16(Sat) / 編集

無題

あんず様、
いつも読んでいただいてありがとうございます!
そうなんです、動画で見て、六尺フンドシ着用が面倒なものだと初めて知りました。あの、タマを入れ込むとことか、用を足す時とか、雪之丞では想像できません(笑)
上様だとタマ入れ込みまで華麗な所作で瞬時に出来てしまうような気もしますが…雪之丞がそれほど手際よく出来るとは思えませんよね〜
雪之丞には、あの女性用フンドシみたいなものにするしかないでしょうね。……絵にするには勇気が要りますが(笑)
ホント、おっしゃる通り、西洋人はスゴイ。下着とベッドとトイレ(ウォシュレットは日本発ですが)。
でも六尺はカッコイイですよね〜(笑)
これからもよろしくお願いします〜
藤九郎さん / 2009/05/06(Wed) / 編集

着るのも脱ぐのも

藤九郎様、はじめまして。
いつも『男大奥』楽しみに拝見いたしております。
ふんどし、面倒くさそうですね。
驚きの複雑さであります。
やっぱり西洋人の発想(衣服、家具、生活習慣)
は合理的ですね。
男大奥は、学ランとおさるまたではないのですね。
雪之丞や麗公には、確かに、、、何か微妙です。
上様ほどのご身分でいらっしゃると、お付の者が着せ着せしてくれるんでしょうか。
由良殿とランデヴーの時を拝察するに、ご自身でちゃっちゃと脱いだり着たりしていらっしゃるようでございますが。
興味深いご提示、参考になりました。w
あんずさん / 2009/05/06(Wed) / 編集
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]